クーラー病(冷房病)の症状、原因は?対策や予防法も紹介!

暑い夏には、エアコンの冷気が至福に感じられますね。

ところでみなさん、クーラー病ってご存知ですか?エアコンから離れられない病気…ではありません。

夏バテで食欲がない、やる気が出ない、朝起きるのが辛い、なんて方もいるのではないでしょうか。それ、本当に夏バテですか?

実は夏バテによく似たクーラー病。夏バテと見極めて対策をし、今年の夏はだるさとサヨナラしましょう!

スポンサードリンク

クーラー病って?

クーラー病、別名:冷房病。

近年話題となっているクーラー病ですが、実は日本特有のものだそうです。夏バテと何が違うのでしょう?

原因はなんとなく想像がつきそうなクーラー病ですが、実は、紆余曲折の末発症してしまうものなのです。

冷気に長時間あたることにより、全身的な血行不良に陥ります。さらには体温調節するための自律神経のバランスが崩れます。そのため、だるさ、食欲不振、慢性的な疲労などが生じるのです。肩こりがひどくなる、風邪をひくこともあるようです。

夏バテもまた、自律神経を崩すという意味では同じです。しかし夏バテは、高温多湿という環境で体温調節がうまくいかなくなった末、クーラー病と同じような症状を引き起こすのです。

クーラー病にならないためには

エアコンに長時間あたっていたら、クーラー病になる。じゃあデスクワークを生業としている人はどうしたらいいのでしょう?きちんと予防法があります。実践してみてくださいね。

①  カーデガン、ひざかけなどで体を温める

体温が下がってしまうと、クーラー病になる確率がグーンと上がります。女性は特に、膀胱炎や生理痛に関わってくるので下半身を冷やさないようにしましょう。

②  湯船につかる

職場を出れば暑いので、シャワーだけでいいだろうと思いがちです。ぬるめのお湯につかることで、自律神経を整えます。

③  運動をする

筋肉を増やすことで、体内の熱を増やすことができます。特に女性の場合余分な筋肉がついていないため、体内で熱を作ることが難しいといえます。

④  温かいものを食べる

夏だからといって冷たい飲食物を口にしていませんか?冷たいものは胃腸に負担をかけるため、下痢や腹痛を起こしてしまい、だるさの原因にもつながります。

クーラー病かもと思ったら

まず、最近の不調の原因が本当にエアコンなのかどうか、病院に相談しましょう。もしかしたら別の病気が潜んでいるかもしれません。

クーラー病と診断されたら、上記の予防法を試してみましょう。クーラー病は具体的な治療法がないため、規則正しい生活をして、自律神経を整えることが大切となるのです。

最後に

いかがでしたでしょうか。クーラー病はエアコンが原因、といっても、なかなかエアコンの風を防ぐのは大変ですよね。お出かけの際には、必ず上着か何かを持っていくようにしましょう。

また、自宅ではエアコンを消してエコな生活をしてみるのもいいかもしれません。例えば、打ち水、タライに水を張って足をつける、などなど…。案外日本の夏を楽しんでみるのもいいかもしれませんよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る