夏至の候の時期はいつ? 読み方や意味、例文を紹介!

6月頃の挨拶文で、夏至の候と書かれているのを目にしたことがありませんか?
「夏至」は「げし」と読みます。
夏至は、1年で最も昼間の時間が長いとされている日です。
ニュース番組などでも、よく使われる言葉なので、聞いたことがあるのではないでしょうか?
では、夏至の候はいつ頃のことを指すのでしょうか?

スポンサードリンク

夏至の候の時期はいつ? 読み方は?

6月のカレンダーを見ると、「夏至」と記されている日があります。
毎年6月21日頃です。
夏至は、北半球では、1年で最も昼間が長い日にあたります。
「夏至」という言葉は、よく耳にするかも知れませんね。
それに時節や季節を表す「候」をつけると、季節の挨拶文、時候の挨拶として使用できます。「夏至の候」と書いて「げしのこう」と読みます。
夏至の候がいつまでかというと、7月のカレンダーに「小暑」と書かれた日があるかと思います。7月7日頃です。「夏至」から「小暑」の前日までが夏至の候となります。

夏至の候の意味は?

夏至は、古い中国の暦に基づく、1年を24等分した二十四節気のひとつです。夏至の次の二十四節気が小暑になります。
夏至は「夏に至る」と書きますが、意味は字のごとくです。
この頃から、夏が始まるということですね。
江戸時代に書かれた「こよみ便覧」には、「陽熱至極しまた、日の長きのいたりなるを以てなり」と、あります。
とはいえ、日本では多くの地域が梅雨真っ盛り。本格的な夏まで、あともう少しというところですね。

夏至の候を使った例文

手紙やハガキなどの冒頭に、季節感のある挨拶を書きます。これを、時候の挨拶といいます。単に季節を表すものではなく、相手の安否をたずねる意味もこめられています。

夏至の候を使用する場合、
「夏至の候 平素は格別なご高配を賜り厚く御礼申し上げます」
「夏至の候 貴社におかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます」
「夏至の候、貴社いっそうご隆盛のこととお慶び申し上げます」
「夏至の候、貴店いよいよご発展の由、大慶に存じます」
「夏至の候 皆様にはいよいよご清栄のこととお慶び申し上げます」
ビジネスシーンや改まった場面では、このように書きます。

「夏至」という言葉で始まると、いよいよ夏を迎えるなという気持ちになりますね。
とはいえ、まだまだ雨の季節が続きます。
親しい間柄では、梅雨を思わせる言葉を挨拶に用いてもいいでしょう。

「うっとうしい梅雨空が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?」
「空梅雨を思わせる天気が続いていますが、お元気ですか?」
「梅雨の晴れ間の青空に、夏を感じるようになりました。お変わりなくお過ごしでしょうか?」
「夏至を過ぎて、日差しも夏めいてまいりました。皆様いかがお過ごしでしょうか」

冒頭に時候の挨拶を用いたら、締めくくりの結びの文も、季節感のある言葉と、相手を気遣う一文を添えましょう。

「梅雨寒の時節柄、お風邪など召されませぬよう、お気をつけください」
「蒸し暑い日が続きます。くれぐれもご自愛ください」
「梅雨明けが待ち遠しい今日この頃ですが、お元気でお過ごしください」
「長雨が続いておりますが、お体には十分ご留意ください」

夏至の候という挨拶文を使用できるのは、小暑の前日までですのでご注意を。
夏至の候を用いると、雨の季節であっても、夏へ向かう喜びを感じられそうですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る