熱中症の症状、原因は?対策や予防法も紹介!

地球温暖化が叫ばれている昨今。昨年は記録的猛暑で、さすがの暑さに危険を感じた、なんて方もいるのではないでしょうか。
熱くなってくると気をつけておきたいのが、そう!熱中症です。「自分は大丈夫!」なんて、甘く見ていませんか?
実は熱中症は重症になると死に至る場合もあるくらい、危険な病気なのです。

熱中症の症状
熱中症の症状は、人によって違います。
熱中症の初期症状は、めまい、顔のほてり、大量の発汗です。これらの症状は、夏特有のものと思われがちで、見逃されやすいものとなっています。また、こむら返り(足がつる)が起こることもあります。これらの症状が起こったら、熱中症の恐れがあるので、涼しい場所で安静にしておきましょう。
中期症状としては、体のだるさや吐き気、頭痛があります。多くの場合、だるさ吐き気を感じて初めて「熱中症かもしれない!」と自覚します。そのまま吐いてしまうことも。ここまで症状が出てきたら、病院に行って適切な処置をしてもらいましょう。
重症となると、呼びかけに応じない(意識障害)、足元がふらつく、けいれん、などの症状が出ます。死に至る危険性が高まってきてしまうので、救急搬送するがあります。

熱中症になる原因
熱中症になる原因は、大きく二つに分けることができます。
まず一つ目は、「熱を体外にうまく逃がすことができない」ことです。つまり、気温や湿度が高いことで体内に熱がこもることや、激しい運動をしたために熱を排出するための体温調節がうまくいかなくなることです。
二つ目は、「体内の水分・塩分量が著しく損なわれる」ことです。水分を十分に摂ることを心がけている方はいても、塩分というのは意外と盲点ですよね。体内のミネラルが不足してしまうと不調が起きやすくなってしまします。

熱中症になりやすい人
熱中症になりやすい人も存在します。それは、体温調節が自分でなかなかできない高齢者や赤ちゃんなどです。一緒にでかける際には十分に気を付けるよう教えてあげること、体調や様子など、見ていてあげる必要がありそうです。
また、若く普段は元気な人であっても、十分注意しましょう。体調が優れない、睡眠不足、こういった場合には熱中症にかかる確率が上がってしまいます。上記の場合、こまめに自分の体を気遣ってあげるようにしましょう。
しかし、まったく健康でどこにも心配がない!という人も熱中症にかかってしまう確率は0%ではありません。なぜかというと、体力は人によって大きく違うからです。
自分であっても、また他人であっても、熱中症にならないよう気を付けることが大切となってきます。
次に、「熱中症にならない」ための対策をお教えします。

熱中症対策・予防法
① こまめに水分・ほどよく塩分を摂取する
ただし、医療機関に水分量・塩分量を制限されている場合は相談しましょう。
② 体を涼しく保つ
直射日光を避けましょう。帽子をかぶる、日傘をさすなど、日よけがあるといいでしょう。また、冷却グッズなどでおでこや首、わきの下を冷やすのも効果的ですね。
③ 体調を整えておく
普段から適度な運動と睡眠、バランスの良い食事に気を使うことで、熱中症を予防することができます。また、万病予防にもなりますね。

熱中症かも…と気付いたら
熱中症は、「熱中症かもしれない」と気付いた時点ですでに熱中症であることが多い病気です。
まずは、日の当らない、涼しい場所で休息をとりましょう。ネクタイやウエスト周りをゆるめて、水分(ミネラル入りがのぞましい)を摂ります。
決して大げさではなく、周りの人に助けを求める努力も必要です。朦朧とした頭では思考が追いつかないので、周りを頼って判断を任せてしまった方が安心かもしれません。

最後に
熱中症は「自覚がない」のが怖いといわれています。まず、自分の体が出しているサインを見逃さないようにしてあげるのが大事だといえます。
また、熱中症は年を追うごとに、罹患者、死亡者ともに増加傾向にあります。
これは「働きすぎる日本人」という社会的背景もあるかもしれません。どれだけ忙しく働いても、体を壊してしまっては元も子もないですよね。
この夏、もう少しだけ、自分の体を労わってあげてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る