ハナミズキの花言葉は?白、赤、ピンクなど色別の花言葉はある?

春から初夏にかけて、一斉に花を咲かせるハナミズキ。
庭先だけでなく街路樹などでもよく見かけますね。
満開のハナミズキの並木道は、見事なものです。
ハナミズキの花言葉には、どんなものがあるでしょうか。

スポンサードリンク

ハナミズキはどんな花?

ハナミズキは北アメリカ原産で、和名はアメリカヤマボウシといいます。
ミズキの仲間の中でも、花が目立つことからハナミズキの名前が付きました。

英名ではドッグウッド(dogwood)といいますが、樹皮を煎じて犬の皮膚病に使用したことからこの名で呼ばれるようになったということです。
また、武器に使用したことから、古英語で短剣を意味するdaggeから来ているという説もあります。

ミズキ科ミズキ属ヤマボウシ亜属の落葉高木で、街路樹や公園に植えられているものなどは植栽されていて、あまり高くないイメージがありますが、樹高は3~10mを超すこともあります。

4月下旬から5月上旬にかけて開花しますが、花びらのように見えるものは、葉っぱで苞(ほう)といいます。
実際の花は、中心の塊の部分です。
楕円形の葉は秋になると紅葉し、赤い実をつけます。

ハナミズキの花言葉の由来は?

ハナミズキ全体の花言葉は、「返礼」「永続性」「元気」「華やかな恋」「逆境にも耐える愛」「私の想いを受け止めて」「公平にする」です。
ハナミズキには、白、赤、ピンクの花がありますが、色別の花言葉はありません。
どれも、全体としての花言葉が当てはまるようです。

最初の「返礼」ですが、ハナミズキが日本に伝わってきた時のことと関係があります。
ゴールデンウイークの頃になると、各地でハナミズキ祭りが行われるなど、今ではポピュラーな花ですが、日本での歴史は浅く、1915年にアメリカから寄贈されたものが最初です。
1912年に、当時の東京市がアメリカへ桜を贈り、その返礼として贈られたのがハナミズキでした。
またアメリカ側の花言葉としては、友好関係が長く続くようにとの願いがこめられた「永続性」となります。

もうひとつ、ハナミズキに関する伝説があります。
聖書に記述がありませんので、その出所は確かではありませんが、キリストが磔刑にされた際に十字架に使われた木がハナミズキであるといいます。
そのことを非常に悲しんだハナミズキは、二度と十字架として使用されることのないように、大きくまっすぐには伸びなくなりました。
そして、キリストのことを忘れないために、十字架の形の花を咲かせ、花の中心はキリストがかぶらされていたいばらの冠の形をしているということです。
確かに、よく見てみると、花は十字形をしていますね。

春から初夏にかけてのまばゆい日差しのように、ハナミズキの花言葉は、力強さを感じさせるものが多いですよね。
花言葉を思い出しながら、ハナミズキの咲く道を歩いてみると、パワーをもらえるかも知れません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る