マーガレットの花言葉は?白、赤、黄、ピンクなど色別に紹介!

純白のマーガレットは、すらりとして可憐で清楚な花です。

マーガレットは白がポピュラーですが、赤や黄色など他の色もあります。
白とはまた違った美しさがありますね。

マーガレットのそれぞれの色の花言葉をご紹介します。

スポンサードリンク

マーガレットの花言葉の由来は?

「好き」「嫌い」と言いながら、花びらを1枚1枚抜いていく占いをご存知ですか?
花占いに使う花は、マーガレットです。
そのため、マーガレット全体での花言葉も「恋を占う」「真実の愛」になっています。

他に「貞節」「誠実」という花言葉もあります。
清楚な姿にぴったりの言葉ですよね。

その他、別れを連想させますが「優しい思い出」「私を覚えていて」というものもあります。

また、マーガレットは、ギリシャ神話では、純潔の女神アルテミスに捧げる花とされています。
「貞節」「誠実」「真実の愛」という花言葉は、そこから生まれたようです。

マーガレットの色別の花言葉

マーガレットには、色別の花言葉もあります。

白:「恋を占う」「真実の愛」「貞節」「誠実」
マーガレットというと、白い花を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。白は、マーガレット全体としての花言葉が当てはまります。

黄色:「美しい容姿」
白とは印象も変わりますよね。明るい光のような花にぴったりの花言葉です。

ピンク:「真実の愛」
恋人への贈り物にするなら、愛らしいピンクでしょうか。さりげなく、愛を伝えられそうです。

赤は、品種改良によって生まれた新しい色ですので、色別の花言葉はなく、マーガレット全体での花言葉をあてはめるようです。

純白の清楚な姿と、花言葉から、白のマーガレットはブライダルブーケとしても人気があります。

別れを連想させる言葉もありますが、「優しい思い出」「私を覚えていて」など、悲しい別れというよりも旅立ちをイメージさせますよね。
ですから、卒業の贈り物などにも好まれているようです。

マーガレットはどんな花?

カナリア諸島原産のキク科の多年草で、高さは約1メートルになります。

マーガレットの名前は、「真珠(マルガリーテス)」という意味のギリシャ語が語源になっています。
和名はモクシュンギク(木春菊)です。

17世紀末にヨーロッパに伝わり、日本には明治時代末期に入ってきました。
非耐寒性で、日本では温暖地でなければ越冬できませんが、何年もたった株は茎の根元が木質化してきます。

白い一重咲きが一般的ですが、八重咲や丁字咲きのものもあります。

花期は3~6月ですが、温暖な地域では秋から冬にかけても咲いていることがあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る