アネモネの花言葉は? 赤、青、紫、白、オレンジなど色別に紹介!

アネモネの花というと、何色を思い浮かべるでしょうか?
かわいらしいながらも、はっきりとした鮮やかな色をしているので、存在感がありますね。

アネモネの色の種類は多く、赤、青、紫、白、ピンク、オレンジなどがあります。
そして、色ごとに、花言葉も違うのです。
色別に、アネモネの花言葉をご紹介します。

スポンサードリンク

アネモネの色別の花言葉と由来

アネモネの花言葉は「はかない夢」「はかない恋」「見捨てられる」など、どこか悲しいものです。
これは、ギリシャ神話がもとになっているからといわれています。

花の女神フローラは、自分を愛していると思っていた西風の神ゼフュロスが、実は侍女のアネモネを愛していることを知って嫉妬します。
そして、アネモネを花に変えてしまったという神話です。

また、美の女神アフロディテ(ビーナス)に愛されていた美少年アドニスに嫉妬した軍神マルスが、イノシシに姿を変えてアドニスを殺してしまい、その血が赤いアネモネになったという神話があります。
この時流したアフロディテの涙によって、花の中心が白く染まったという説もあります。

色別にも、それぞれ花言葉があります。

赤:「君を愛す」情熱的な赤は、恋人に贈るのにもっとも適しているといえますね。
白:「真実」無垢な白は、贈る相手を選びません。
紫:「あなたを信じて待つ」遠く離れて住む恋人に贈ったり、また贈られ
ても嬉しいですよね。
青:「堅い誓い」青にも、信じて待つという意味もあります。
ピンク:「待ち望む」ピンクも、希望のある言葉です。

オレンジも明るくてきれいな花なのですが、オレンジのアネモネについては、花言葉がないようです。
ですので、アネモネ全般の花言葉が当てはまるかと思いますが、この場合、悲しい意味合いの花言葉が多いですので、贈り物にする際には、注意した方がよさそうですね。

ただ、アネモネ全般での花言葉に、「純真無垢」というものもあります。
色別では、とても愛のこもった贈り物に向いている言葉が多いですね。
近年では、結婚式のブーケとしても人気のある花です。

アネモネはどんな花?

キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草で、和名はボタンイチゲ(牡丹一華)、別名をハナイチゲ(花一華)、ベニバナオキナグサ(紅花翁草)といいます。アネモネ属の総称をアネモネということもあります。
海外には実に数百の種類があるといわれているアネモネ。日本でも10種類ほどがあります。野生種もありますが、園芸用としても人気のある花です。

地中海原産で、春のそよ風が吹く頃に花が咲くことから、ギリシャ語の「風(anemos)」が語源になっています。
花は、春先から5月にかけて咲き、一重のものや八重咲のものなど、種類も様々です。

ただこれは、実は花びらではありません。
花びらのようなものは萼片(がくへん)です。

プロトアネモニンという毒性を含み、茎を折ると、そこから出る汁で皮膚炎を起こすことがありますので、切り花にする際は注意が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る