そらまめくんのベッドのあらすじは?シリーズの絵本も紹介!

そら豆のサヤを剥いたことがありますか?

サヤの内側は、ふかふかのワタで覆われています。
中の豆が、気持ちよく寝られそうなベッドですね。

「そらまめくんのベッド」は、そらまめくんが大切にしている、サヤのベッドのお話です。

スポンサードリンク

そらまめくんのベッドのあらすじ

ふかふかのワタがつまったサヤ。それが、そらまめくんの宝物のベッドです。

えだまめくんや、グリーンピースのきょうだいや、さやえんどうさんや、ピーナッツくんがやってきて、そらまめくんのベッドに寝てみたいと言います。

でも、そらまめくんは、誰にもベッドを貸してあげませんでした。

そんなある日、そらまめくんのベッドがなくなってしまいます。

必死でベッドを探すそらまめくんを見て、みんなは「ぼくらにベッドをかしてくれなかったばつさ」と言い合います。
でも、だんだんそらまめくんがかわいそうになってきて、自分達のベッドを貸してあげることに。

そらまめくんは、えだまめくんのベッドに寝てみます。
小さくて、寝られません。

グリーンピースのきょうだいのベッドは細く、さやえんどうさんのは薄いベッド。
ピーナッツくんのベッドは、固くて、なかなか自分に合うベッドはありません。

もう一度ベッドを探しに出かけたそらまめくんが見たのは、ベッドで卵をあたためているうずらでした。

そらまめくんが様子を見ていると、やがて、ひよこが生まれます。

ベッドを持って帰ったそらまめくん。みんなは、喜んでお祝いのパーティーをしてくれました。
その後で、そらまめくんは、自分のベッドにみんなを招待したのでした。

劇と読み聞かせ

始めは、ベッドを貸してあげない意地悪なそらまめくん。
みんなの優しさに触れたり、うずらのひよこの誕生を目の当たりにして、最後はみんなにベッドを貸してあげられるようになりました。

意地悪をしたから悪いことが起こる、のではなくて、意地悪をしてしまったけど、みんなは優しくしてくれて、そらまめくんも思いやりを持って、うずらのひよこの誕生を見守ってあげられた…そんなところが、気持ちがあたたかくなりますね。

このお話は、保育園や幼稚園の発表会の劇としても好んで上演されているようです。
登場人物は、豆の仲間とうずら。シンプルで、それぞれの役に大差がなく、人数も調整できるので、劇にしやすいのでしょう。

それに内容も、上演することで、子供達自身が、思いやりについて考えるきっかけにもなりそうですね。

大型絵本もあり、読み聞かせイベントでも人気です。

読み聞かせの様子はこちらです。

「そらまめくん」シリーズとぬいぐるみ

「そらまめくんのベッド」は、1999年に刊行され、その1年後には「そらまめくんとめだかのこ」が出版されました。

続いて「そらまめくんのぼくのいちにち」「あそびにおいでよそらまめくんのおうち」「そらまめくんとながいながいまめ」「そらまめくんからおめでとう」「そらまめくんのあたらしいベッド」がシリーズとして刊行されています。

ギフトには、そらまめくんのイラストのケースに入った3冊セットが人気です。

グッズでは、そらまめくんのぬいぐるみがあります。13cmと小さめで、小さな子供でも抱えやすいですね。
一回り小さい11cmのSSサイズは、ふかふかのベッドつき!
22cmのLサイズもあります。

きれいなグリーンで、触り心地もいいので、大人も癒されます。
そばに置いておきたくなりますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る