雛人形の三人官女の意味は?並べ方や持ち物も解説!

雛人形の、お雛様とお内裏様の次、上から2段目に並んでいるのが三人官女です。
3人とも女性なので、雛人形全体に、花を添えてくれますよね。
ところで、この三人官女、どんな役割なのでしょうか?
三人官女の意味や並べ方、持ち物を解説します。

三人官女の意味は?

「官女」とは、宮中に使える女性のことを言います。三人官女は、お雛様の身の回りのお世話をする3人の宮仕えの女性のことです。
お雛様の生活管理や健康管理だけではありません、楽器の演奏や歌にも長け、お雛様の家庭教師的役割も担っていたようです。
雛人形は平安時代の宮中の結婚式の様子を表しているものですが、三人官女は、嫁ぐお雛様に同行してきた位の高い女性であると言えます。そのため、お雛様、お内裏様のすぐ下、2段目に並べられているのですね。

スポンサードリンク

三人官女の並べ方は?

では、三人官女は、どのような順に並べたらいいのでしょうか?
まず、3人の中で、ひとりだけ、黒い歯を見せている人がいます。この官女は、3人の中で唯一既婚者です。
現在ではあまりなじみがありませんが、昔は「おはぐろ」というものがありました。歯を黒く染めるという明治時代まで続いた風習で、既婚女性の証でした。
この、おはぐろをした既婚女性を、三人官女の真ん中に置きます。この女性は、他の2人より眉も薄いか、ない場合もあります。この官女は、手に「三方」と呼ばれる、盃をのせる台を持っています。
ただ最近では、歯が黒い人形は好まれず、真ん中の女性も白い歯をしているものがあるようです。
向かって左側には、「提子(ひさげ)」という注ぎ口のある酒器を持った官女、右側には長柄(ながえ)と呼ばれる、文字通り長い柄のついたお銚子を持った官女が並びます。

三人官女の持ち物は?

三人官女の持ち物は、婚礼の場において重要な役割を持っています。
神前結婚式で行われる三三九度の盃を交わす儀式(三献の儀)に必要なのが、三人官女が持っている「提子」「長柄」「三方」なのです。
左側の女性の提子から長柄にお酒を移し、長柄から真ん中の女性が持つ盃にお酒が注がれるという具合です。新郎新婦が交わす盃には、契りを結ぶという意味がありますから、大切な儀式なのですね。
三人官女の人形は、左右の女性が座って、真ん中の女性が立っているものもあれば、逆のものもあります。
三人官女には、未婚の頃も、結婚した後も、娘が幸せであるようにとの願いが込められているとのことです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る