雛人形の五人囃子の意味は?並べ方や持ち物も解説!

桃の節句に、女の子のいる家庭で飾ることの多い雛人形。
お雛様とお内裏様だけの親王飾りもいいものですが、五段飾りや七段飾りになると、とても華やかですよね。
お雛様とお内裏様より下の段には、五人囃子や三人官女が並びます。
では、五人囃子や三人官女を何段目に飾ったらよいか、ご存知ですか?
今回は、五人囃子について、意味や順番をご紹介します。

五人囃子の意味は?

五人囃子の「囃子」とは、日本の伝統芸能である能楽のひとつです。
能楽は、室町時代に観阿弥によって創始され、息子の世阿弥に受け継がれて発展してきました。
能楽は「シテ方」「ワキ方」「地謠」「囃子方」から成り、五人囃子は「地謠」1名と「囃子方」4名の5人で構成されています。
この五人囃子、お顔をよく見ていただくとわかるのですが、まだ子供のようですね。おかっぱ頭をしていますが、女の子ではありません。少年です。元服前なので、髪を結んでおらず、侍烏帽子をかぶっています。
彼らの役割は、結婚式を盛り上げること。実は、雛人形全体で、結婚式を表しているのです。
そもそも「囃子」というのは、「囃す」で、「引き立てる」という意味があります。「映えるようにする」という意味の「映やす」が語源になっています

スポンサードリンク

五人囃子の並べ方は?

五人囃子の位置ですが、上から三段目、三人官女の次に飾ります。
五人囃子は、それぞれ手に楽器を持っていますね。この楽器にも、正しい並び順があります。
向かって左から、太鼓・大鼓(おおつづみ)・小鼓(こつづみ)・笛という順番です。一番右に来るのは謡(うたい)で、歌い手のことです。楽器を持たない代わりに扇を持ちます。

五人囃子の持ち物は?

五人囃子が持っている楽器ですが、左側の一番大きい太鼓は、皮を紐で締めて調子を整える締太鼓のことで、座って二本のバチで叩きます。全体の指揮を取る役割があります。
大鼓(おおつづみ)も、締め太鼓と構造は同じです。立って、膝から腰の辺りに構えて叩きます。
小鼓(こつづみ)は、いわゆる「つづみ」です。立って右肩に担ぎます。大鼓よりも、ひとまわり小さい楽器です。これも基本的な構造は同じ。
笛は、能管(のうかん)のことで、メロディーを奏でるというよりは、効果音的な音を発します。
謡(うたい) は、座った姿勢で、右手に扇を持ちます。
雛人形の設定は、平安時代なのですが、五人囃子だけは、楽器も着物も江戸時代のものが主流となっています。
しかし、中には、平安時代の雅楽を演奏する楽人のものもあります。その場合の楽器は、
横笛、縦笛、火焔太鼓(かえんだいこ)、笙(しょう)、羯鼓(かっこ)です。 さらに、琵琶と琴を加えた7人である場合も。五楽人の場合は、少年ではなく、成人男性のことが多いようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る