お雛様とお内裏様の関係は?意味や左右の位置も解説!

長かった冬が終わりを告げる頃になると、女の子のいる家庭では、桃の節句が話題になることでしょう。
近年の住宅事情から、豪華な五段や七段飾りといった雛人形を飾る家は少なくなりましたが、コンパクトな雛人形が、マンションなどでは人気だそうです。
雛人形を飾ろうと思った時、お雛様とお内裏様の位置で迷うことはありませんか?
雛人形の正しい飾り方や、お雛様とお内裏様の関係をご紹介します。

お雛様の意味は?

子供の頃に、誰もが歌ったことがあることと思います。「うれしいひな祭り」という童謡の2番に、「お内裏様とお雛様二人並んですまし顔」というフレーズがありますよね。
「お内裏様とお雛様」というと、最上段に飾られた男雛と女雛の二体のことを指していると思われがちですが、実は「お雛様」というのは女雛だけを指しているのではありません。
正しくは、三人官女や五人囃子など、すべての人形も含めて「お雛様」と呼びます。
ただ、歌で歌われているくらいですから、一般的には最上段の二体のことを指して「お内裏様とお雛様」で通用します。

スポンサードリンク

お内裏様の意味は?

「お雛様」は、すべての人形を指すことがわかりました。では、「お内裏様」の意味はどうなのでしょう?
「お内裏様」の「内裏」とは、「天皇」や「天皇の住まい」という意味です。ですから、男雛のことを指して「お内裏様」というので正しいですね。ただ、「内裏雛」と言う意味もあり、これは男雛と女雛の二体を指します。

お雛様とお内裏様の関係は?

では、その最上段の男雛、女雛の関係は?というと、仲睦まじく(?)並んでいる様子から、夫婦?恋人?などど想像してしまいますよね。
正解は、夫婦で、天皇と皇后です。親王と呼ばれることもあり、三人官女などがついていない男雛と女雛のみの雛人形を「親王飾り」と言います。

お雛様とお内裏様の並び方は?

お雛様とお内裏様の並び方ですが、これは関西と関東とで違います。
関西(京都で作られる京雛)では、男雛を向かって右、女雛を向かって左に飾ります。
関東(関東で作られる関東雛)は、男雛を向かって左に、女雛を向かって右に飾ることが多いです。
日本では古来より、位の高い人が左、つまり向かって右側に立つものでした。それが、大正天皇が即位された際に、新しく西洋的な考えを受け入れて逆に並ばれたそうです。そこから、関東では、お内裏様を向かって左に置くようになったということです。
厳密に、右、あるいは左でなければならない、という決まりはないようです。お住いの地域によって、参考になさって下さいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る