フルーツダイエットのやり方は?タイミングと効果的な方法を紹介!

ダイエットの方法として、食事を1つの食品に限定するやり方があります。
こんにゃくや豆腐、キノコやヨーグルトなどカロリーが少ないものを利用することが多いですが、単品ダイエットは味に飽きやすいという欠点があります。
そんな時におすすめなのが、フルーツダイエットです。

フルーツダイエットのやりかた

フルーツダイエットは、普段の食事をフルーツに置き換えるだけの、いわゆる単品ダイエットです。
朝、昼、晩のいずれか1回の食事をフルーツに置き換えるだけでOKです。
食べるフルーツに制限はありません。
バナナやリンゴ、キウイやイチゴなど、自分の好きなフルーツを選んでかまいません。
フルーツの種類と量に制限がないので空腹感もなく、味のバリエーションを楽しみながらダイエットを続けることが可能です。

スポンサードリンク

フルーツダイエットを効果的に進めるには?

フルーツダイエットで食べるフルーツは、生で食べるように心がけましょう。
生で食べることで、フルーツに含まれているビタミンやミネラル、酵素を効果的に摂取することができるからです。
フルーツは冷蔵庫や冷凍庫で冷やしたものではなく、常温のものを食べるようにするのが、おすすめです。
冷たいフルーツをたくさん食べると、体温が一気に下がり、血液の流れが悪くなるからです。
体温が下がるということは、基礎代謝も下がるということです。
消化不良や脂肪の燃焼も悪くなるので、注意するようにしましょう。

朝、昼、晩。いつフルーツダイエットをすればいいの?

食事をフルーツに置き換えるタイミングに決まりはありません。
楽にダイエットを続けられる時間の食事をフルーツに置き換えてみましょう。
ダイエット効果を高めるなら、胃が空っぽの時にフルーツを食べるのがおすすめです。
空腹感が強い時や、前の食事から長く時間が開いている朝食が効果的かもしれません。

選ぶフルーツでダイエット効果って変わるの?

フルーツには、いろいろな種類があり、それにより含まれている栄養素も変わってきます。
食べるフルーツによっては、ダイエット効果に違いが出る可能性もあります。
キウイ、ブルーベリー、パイナップルは食物繊維が豊富です。
柑橘系やスイカ、イチゴ、梨は水分が多く、デトックス効果に優れています。
これらを意識して食べれば腸内環境を整え、ぽっこりお腹の解消も期待できるかもしれません。
また、リンゴには活性化酸素の働きを抑える働きがあります。
アンチエイジングが気になる人は、積極的に食べてみるのもおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る