淀川花火大会2014年の日程、打ち上げ場所は?有料席や納涼船も!

毎年、淀川の花火大会と神戸の花火大会は日が重なる事が多いのですが、とにかく凄い人で賑わっています。以前は確か平日に行なわれていたと思うのですが、近年は土曜に行なわれる事が多いようですね。今年はどのような日程になっているのでしょうか?

スポンサードリンク

概要

・水都大阪を流れる淀川と街をこよなく愛する地元ボランティアスタッフが周辺企業・団体・商店街や地域住民の寄付により財政がまかなわれている手作りの花火大会であります。

日程、時間、場所

・平成26年8月9日(土) 荒天の場合は10(日)
・19:50~20:40 (予定)
・新御堂筋淀川鉄橋より下流国道2号線までの淀川河川敷

アクセス

・十三会場側 JR東西線 御幣島駅
阪神電鉄  姫島駅
阪急阪神電鉄 南方及び十三駅
JR線 塚本駅
地下鉄 西中島南方駅
・梅田会場側 阪急電鉄 梅田駅
地下鉄千日前線 野田阪神駅
阪神電鉄 野田駅
JR線 大阪駅
地下鉄 梅田駅
JR東西線 海老江駅

みどころ

・淀川と梅田の高層ビルの後ろに花火が打ちあがり、毎年違ったテーマで楽しませてもらえます。
・淀川での水中花火が楽しめます。
・大玉100連発スターマインが登場する事もありますよ。

有料席について

淀川花火大会では協賛観覧席というもののが販売されています。
打ち上げ場所目の前の川沿いの十三会場や梅田会場、川からは少し離れていますが堤防上で見れるパノラマスタンドなど様々な席が用意されています。
値段は大人2,500円~8,000円子供1,500円~5,000円で、やはり川沿いは高くなりますが、せっかくならいい席で見たいものです。
当日販売もありますが、ほとんどの席では事前販売となり、チケットぴあやローソン、セブンイレブンなどで販売しています。
納涼船の同じ場所で予約販売されており、こちらは大人16,000円子供8,000円です。当日販売はありません。

お勧めコース

・デートコース 13:00 JR大阪待ち合わせ
人気スポットでデート
納涼船へ
花火終了後移動となります。
・有料席を予約していた方が余裕を持って観光出来ます。

混んでいる場所

・最寄り駅から会場までは混雑が予想されます。又、雑誌で近年穴場スポットなども紹介されているのでそちらの方も混み始めています。

穴場の時間

・12時から席取りが出来るので早めに到着すると空いています。

歴史

・誕生したのは平成元年であり、まだ日も浅いですがPLと並ぶ花火大会の一つであります。元の名称は「平成淀川花火大会」平成18年より「なにわ淀川花火大会」に名称が変更になりました。

自慢ではないですが一度だけ見に行った事があります。その時は穴場だと言われていた西中島南方駅で下車しましたが、既に情報が知れ渡っていたのか凄い人だかりが出来ていました。

近くで見る方が綺麗なのですが、少し歩いていくと人が少なくなっている場所があります。その場所からでも充分に楽しむことが出来ます。これは今わかりませんが、その当時はフィナーレの花火が上がり花火大会が終了する時には3発ずつ区切って花火を打つそうです。

これが「お・わ・り」という合図なんだとか聞いた事があります。

花火大会の日だけは快速・新快速いずれも塚本駅で停車するそうです。それでもホームには溢れるほどの人だかりが出来ています。

花火終了後は1時間ほど河川敷で過ごしていれば電車も空いてきて乗りやすくなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る