クリスマスに読みたいおすすめの絵本

クリスマスというと、みなさんは何を思い浮かべるでしょうか?
サンタクロース? クリスマスツリー? プレゼント? ケーキ? キリスト降誕?
どれも欠かせませんね。そこで、今回はこれらのキーワードに対して1冊ずつ、おすすめの絵本をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

「あのね、サンタの国ではね… -サンタクロースの1年のくらし-」

黒井健 絵  
偕成社

まずはサンタクロースに関する絵本です。
サンタクロースは、クリスマス以外は何をしているんだろう?
そんな疑問に答えてくれる、サンタの国の1年をユーモアに描いた絵本です。
畑でおもちゃの実を育てたり、良い子を探しに出かけたり……。
サンタ達の暮らしに、クリスマスを待ち望む気持ちがふくらみます。
人気イラストレーター、黒井健さんの描く風景が、とてもきれいです。
 

おおきいツリー・ちいさいツリー

ロバート・バリー 作
大日本図書

次にクリスマスツリーに関する絵本。
お屋敷に飾られたクリスマスツリーは、大きすぎて、先を切られてしまいます。
ツリーの先は、小間使いの部屋に飾られますが、小間使いの部屋にはちょっと大きい。そこで先をちょん切られ、ツリーの先は、庭師の家へ。そこでも切られて、今度はくまの家へ。きつねやうさぎの家でも切られ、小さくなったツリーの先は、ねずみの家に飾られます。
最後のページを開くと、お屋敷に飾られたツリーの下、壁の穴の中にねずみ達が小さなツリーを囲んでいるのが見えます。
それぞれの家の大きさに合ったツリーに、みんな大満足。図らずも、みんなで幸せを分かち合うことになったのです。

まどから★おくりもの

五味太郎
偕成社

プレゼントに関する絵本です。
サンタさんが、ねずみさんやねこさんや、みんなの家をまわって、プレゼントを届けるのですが、家の中には入らず、窓から見える住人にふさわしいものを置いていく。
窓には穴が空いていて、次のページに描かれた中の住人が眠っているのが見えるという、仕掛け絵本です。
ページをめくって判明するのは、窓の外から見える住人と、実際に家の中で眠っている住人は、別人だということ。
何と、サンタさんの勘違いで、あまりふさわしくないプレゼントが、それぞれに届いてしまうのです。
でも、翌朝、みんなはプレゼントを分け合い、喜び合います。感謝にあふれたとても素敵なラストシーンです。

ぐりとぐらのおきゃくさま

なかがわりえこ  やまわきゆりこ 
福音館書店

ケーキに関するおすすめはぐりとぐらシリーズ。
ぐりとぐらが家に帰ってみると、大きなオーバーやえりまきが掛けてあって、どうやら大きなお客さんが来ている様子。
すると、カステラを焼くいい匂いがしてきます。
サンタクロースが、ケーキを作ってくれていたのです。
ぐリとぐらは、大勢の友達と一緒にケーキを食べて、クリスマスを楽しみます。
おいしい物と楽しい時間をみんなで分かち合うのって、いいですね。

クリスマスってなあに

ディック・ブルーナ
講談社

キリスト降誕に関する絵本はこちら。
うさこちゃん(ミッフィー)でおなじみのディック・ブルーナのクリスマス絵本。
天使にキリストの誕生を告げられた羊飼い達は、小さな馬小屋へ急ぎます。星に導かれてやってきた3人の学者も一緒に、赤ちゃんイエスに会いました。クリスマスは、キリスト降誕をお祝いする日なんですね。
クリスマスの本当の意味を、子供にもわかりやすく教えてくれる絵本です。

クリスマスと聞くと、それだけでワクワクしたり、あったかい気持ちになりますよね。
慌ただしく、寒さも厳しくなる12月。ひととき、手を休めて、絵本を開いてみませんか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る