グルテンフリーダイエットは危険?正しいやり方を紹介!

グルテンフリーダイエットのグルテンは、小麦粉の多く含まれている成分です。
ですので、小麦粉を利用した食品の大国であるアメリカからグルテンフリーダイエットはブームになりました。
ミランダ・カーさんなどセレブも愛用しているグルテンフリーダイエット。
そのやり方と注意点を理解して、ダイエットを効果的に進めていきたいですね。

スポンサードリンク

グルテンフリーダイエットで食べないようにする食品

グルテンフリーダイエットは、グルテンを含む食品を食べないダイエット方法です。
すべての食事から小麦粉をカットすればいいと思いがちですが、実は小麦粉意外にもグルテンを含んでいる食べ物があるんです。
それは大麦やライ麦です。
それらで作られたビールやシリアルなどにも多くのグルテンが含まれているので、摂取しないよう注意する必要があります。
パンやパスタ、うどんにラーメンはもちろん、餃子の皮やてんぷらの衣も小麦粉で作られているから食べるのは控えるようにしましょう。

これなら食べられる!グルテンフリーダイエット中に食べてもOKの食品

グルテンフリーダイエットと似ている減量方法に糖質制限ダイエットがあります。
これは糖質の多い炭水化物をカットしていくダイエット方法になります。
糖質制限ダイエットでは小麦粉食品に加え、お米を食べないようにするのがルールです。
ですがグルテンフリーダイエットでは、お米やそば、イモ類は食べてもOKの食品です。
糖質制限ダイエットよりも体への負担を少なくしておこなうことができるのが、グルテンフリーダイエットの大きな魅力です。
糖質制限ダイエットにチャレンジする前にグルテンフリーダイエットをしてみるのも、いいかもしれません。
米粉を利用したパンや、おからで作られたクッキーを食べることができるのも、グルテンフリーダイエットならではです。
ストレスが少ないダイエット方法なので、リバウンドしにくいという特徴もあります。

グルテンをすべてカットするのは危険です

ダイエット効果を高めようと、すべての食事でグルテンをカットしていくのには注意が必要です。
グルテンには食物繊維、亜鉛や鉄分、カルシウムなどが豊富に含まれています。
これらは美容にとっても大切な成分であるので、程度に摂取していく必要があります。
また、胚芽やふすまを取り除いていない小麦、全粒粉には肥満や糖尿病をおさえる働きがあることもわかっています。
食事からすべてのグルテンを取り除くのではなく、1日1食に控えるよう心がけるのがおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る