PL花火大会2014年の日程、打ち上げ場所は?打ち上げ数は何発?

春が過ぎ去れば夏が来て各地で花火大会のイベントが開催されますね。
毎年、心待ちにしている人も多いのではありませんか?
この花火大会には毎年13万人もの人が訪れるそうです。
関西で最大級と言われているPL花火大会について調べてみました。

スポンサードリンク

概要

・教祖を讃仰ぐしPL教団を築いた初代・二代教祖の遺徳を讃える祭りで教祖祭の中の行事の一つとして行なわれています。打ち上げ数は以前は12万発と発表されていましたが、これは1つの筒から発射される複数の花火玉も合わせたもので、現在は2万発と発表されています。ただ規模や予算が変わっている訳ではありません。

日程

・2014年は8月1日に行なわれています。(少雨決行)
・開催日は毎年同じ日に固定されています。

時間

・19時55分~20時50分頃

場所

・大阪府富田林市 PL教団敷地内 「光丘カントリー倶楽部」

アクセス

・最寄り駅は近鉄長野線富田林駅下車
・当日のみ 近鉄南大阪線・長野線 富田林西口駅
南海高野線 金剛駅及び大阪狭山市駅臨時列車が運行しています。
・電車降車後は徒歩移動になります。
・車でも向かう事は出来ますが、規制があるので電車がお勧めです。

見どころは

・以前はナイアガラの滝が有名でしたが、現在は打ち上げていないようです。その代わりに8000発を一気に打ち上げるスターマインという花火の項目がフィナーレになっています。
・花火が打ち上げられている間は夜の空が昼の空のように明るくなるそうです。

歴史

・初代教祖の御木一徳が晩年「自分が死んでもこの教えが世に広まるのであれば、死ぬことは世界平和のためになるから死んだら嘆いたりせずに花火を打ち上げて祝ってくれ」と話していた事がきっかけです。
二代目の教祖、徳近が意思をついで初めに1953年愛媛県徳山市で花火の打ち上げを行ないました。
以降は、本庁のある富田林市に場所を移して行なわれています。名称も1963年に「PL芸術花火大会」と定められて今に至っています。

この花火大会ですが大阪に近い場所から行っても関西では行くとその日の内に家路に着くのが難しい事で有名でもあります。毎年行く人は始発で帰ってきてから出勤していましたよ。それだけ電車の混雑も凄いという事ですね。

教団の人でなくても打ち上げ近くの場所に有料席が設けられているそうです。ちなみに富田林市・羽曳野市・太子町・狭山市・河内長野市・松原市・堺市・藤井寺市・八尾市・柏原氏・和泉市の一部の場所からは見えることがあるそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る