白湯ダイエットの温度やタイミングは?効果的なやり方を紹介!

ダイエットを成功させるポイントは基礎代謝にあります。
消化や肌のターンオーバー、体温の維持など、基礎代謝に使われるカロリー量をあげれば、なにもしなくても体重を落とすことができる、やせやすい体にすることができます。
代謝をあげるには、どうしたらいいのか?
それは基礎体温をあげるのが1番です。

スポンサードリンク

白湯(さゆ)ダイエットで体温をあげちゃおう

運動や入浴をおこなうと体温をあげることができます。
ですが白湯を飲めば、もっと簡単に体温をあげることができちゃいます。
白湯とは、水を沸かしてなにも入れていないもののことをいいます。
白湯ダイエットは、お湯を飲んで体の内側から体温をあげるダイエット方法になります。
とっても簡単な白湯ダイエット。
運動や食事制限のダイエットとも組み合わせることができるので、すぐにでも実践したいですね

どんな水を選べばいいの?

白湯ダイエットには水が必要不可欠です。
ひとことで水といっても、軟水や硬水、ミネラルウォーターなど、たくさんの種類があります。
どの水で白湯ダイエットをおこなえばいいのか、悩んでしまいます。
結論を言うと、白湯ダイエットの水は、なにを使ってもOKです。
白湯ダイエットは体をあたためることが重要なので、普段飲み慣れている水や、入手しやすい水でチャレンジしてみましょう。

いつ白湯を飲めばいいの?

白湯を飲むなら、1番ダイエット効果の高い時間帯に飲みたいですよね。
おすすめの時間は、朝、昼、晩の食事のときです。
食事と一緒に白湯を飲むことで、消化に使われる代謝をあげることができます。
また、白湯を飲みながら食事をすることで食事時間が長くなりますし、多くの水分を体に入れることができます。
満腹感を得られやすくなるので、摂取カロリーを減らす効果も期待できます。
朝起きて、すぐに飲むのもおすすめです。
白湯を飲むことで体のスイッチが入り、1日を快適に過ごすことができます。

白湯の温度は、どのぐらい?

体温が1度あがると、基礎代謝が約10%あがると言われています。
素早く体をあたためるため、高温の白湯を飲みたくなりますが、それよりも50度程度の白湯をじっくり時間をかけて飲むほうが効果的です。
50度の白湯を10~20分ほどかけ、ゆっくりと体に入れていくことを意識してみましょう。
食事の時間がちょうど同じぐらいの時間なので、その点からも、ご飯と一緒に白湯を飲むのは効果的あり、おすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る