塩風呂ダイエットの効果的なやりかたと、注意したい3つのポイント

簡単におこなうことができるとして注目を集めている、塩風呂ダイエット。
塩風呂ダイエットはやせることはもちろん、美肌やデトックス、アトピーの改善なども期待することができるんです。
そんなうれしい効果がたっぷりの塩風呂ダイエットの正しい方法を紹介します。

スポンサードリンク

とっても簡単。塩風呂の作り方

今からすぐに実践することができる塩風呂の作り方は、これ。
家庭用の浴槽に対して50グラム程度の食塩を入れるだけです。
たったこれだけ?と思うかもしれませんが、50グラムという量がポイントです。
塩は、とても刺激の強い成分です。
なので、はじめは少ない分量からゆっくりと肌を慣れさせる必要があります。
50グラムの塩風呂で1か月ほど体を慣れさせ、異常がないようでしたら100グラムを上限に少しずつ増やしていくのがおすすめです。
逆に、肌がピリピリした場合は食塩の量を減らしていきましょう。

自然塩を使って、さらに塩風呂の効果を高めよう

塩風呂ダイエットの効果を高めるなら、食塩のかわりに自然塩を使うのがおすすめです。
食塩は精製されているため、成分が塩化ナトリウムだけのものが大半です。
ですが自然塩は精製されていないので、塩化ナトリウムに加えてカリウム、マグネシウムなどが含まれています。
自然塩を使うことでミネラル豊富な海水に近づけることができます。
アトピーの改善を期待するなら、食塩よりも自然塩がおすすめです。

リラックス効果を高めるなら、エッセンシャルオイルを

塩風呂に、お好みのエッセンシャルオイルを数滴入れると、リラックス効果が高まります。
好きな香りに囲まれることで、長い時間、塩風呂ダイエットを楽しむことができます。

気を付けたい!塩風呂ダイエットの注意点

とっても簡単な塩風呂ダイエットですが、気を付けたいポイントが3つあります。

1:塩風呂からあがるときは、最後にシャワーで塩を洗い流しましょう
体に塩分が付着したままだと、肌に大きなダメージを与えてしまいます。
炎症を起こす可能性もありますので、しっかりと洗い流すことが大切です。

2:体に傷があるときは、塩風呂ダイエットはひかえましょう
傷口に塩分が触れると、しみてしまうからです。

3:塩風呂ダイエットは水分をしっかり補給することが大切です
個人差もありますが、入浴をすると100ml以上の水分が失われるといわれています。
入浴後に水を飲むことはもちろん、血液濃度の上昇を防ぐためにも、入浴前にも水を飲むことを心がけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る