高知よさこい祭り2014年の日程、場所は?納涼花火大会も注目!

毎年8月9日~12日の4日間に全国大会と後夜祭が高知県高知市でパレード形式で開催されています。
この中には4000発の花火が打ち上げられたりすることもあり、四国三大祭りの一つになっています。
人出としては約100万人ほどが来場する盛大なものです。
よさこい祭りは衣装・踊り・音楽・鳴子・地方車・メダルといった6つの要素から成り立っています。
テレビやラジオによってももちろん中継されています。

スポンサードリンク

日程・場所

・日程と時間
8月9日 (前夜祭) 17:00~21:00
8月10日及び11日 (本番) 11:00~21:30
8月12日 (後夜祭) 12:45分~22:00

花火大会は前夜祭での開催となります。

指定席 1,800円 自由席 1,300円となっています。
3歳未満でも座席が必要な場合は料金が必要です。

場所
競演場
上町4丁目 (上町)
升形地域 (升形)
中央公園 (堀詰)
はりまや (はりまや橋)
追手筋本町 (大橋通り)
梅ノ辻 (梅ノ辻)
菜園場 (菜園場)
愛宕
万々 (JR四国・円行寺口)

演舞場
旭 (旭町3丁目)
柳町 (堀詰)

帯屋町 (大橋通り・堀詰)
京町
高知城 (高知城前)
高知駅前 (JR四国・高知)

時間帯などは場所によって異なります。

アクセス

ある程度は路面電車での移動ですが記載の無い場所に限ってはバス及びタクシー移動になっています。
車での移動も可能ですが出来るだけ路面電車の使用をお勧めします。
お盆休み前後の開催となるので遠方の方は早めに電車やバスの予約をした方がいいでしょう。

見どころは?

・全国大会の踊りのパフォーマンスは素晴らしくて一番の見所になっていると思います。
・このお祭りにはルールがあり、手には鳴子持ち曲には「よさこい踊り」のメロディが入っているので耳を澄まして聞いてみるのも面白いと思います。

歴史

・1954年に阿波踊りと対抗する形で高知商工会議所の有志によりよさこい祭りが開催されました。
・1957年から地方車(トラックにPA機器を搭載した物)を使用しています。
・1972年にはニースのカーニバルに招待されました。
・1991年から前夜祭がスタートしましたが、後夜祭は1995年からスタートとなりました。
・1999年に全国大会が開催されています。
・2003年に50回目の花火大会が開催され、この時だけ花火は8月13日に変更されています。
・2010年に高知商工会議所青年部によりJR高知駅前に演舞場が復活しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る