郡上踊り2014日の日程、踊り方は?徹夜踊りやかわさきの歌詞も!

概要

「郡上の八幡出てゆく時は、雨も降らぬに袖しぼる」 という歌詞で有名な郡上踊り。ご存知のかたも多いかもしれません。
このお祭りは400年にわたって歌い踊り続けられてきたもので、日本三大民謡踊り(阿波踊り、花笠踊り、郡上踊り)の一つの伝統的なお祭りです。

その歴史をひも解けば、中世の「念仏踊り」を起源とするそうですが、江戸時代に士農工商の融和を図るために盛んになり、定着した文化と言われています。

毎年大変な盛り上がりを見せており、近年は参加者が20万人を超えているそうです!人気のその秘訣は、なんと、朝まで徹夜で盆踊りを踊り続けるという驚きの「徹夜踊り」にありました。聞くだけでワクワクするようなイベントです。

スポンサードリンク

日時

郡上踊りの大きな特徴は、その期間の長さ。なんと、7月初旬から9月初旬という約2ヶ月にわたって開催されています。

今年2014年は、7月12日〜9月6日。目玉の徹夜踊りは、8月13日からの4日間です。

日にち
場所
時間
内容
7月12日(土)旧庁舎記念館前神事18:30~
おどり流し:17:30~
おどり発祥祭
7月16日(水)上殿町20:00~22:30八坂神社天王祭
7月19日(土)旧庁舎記念館前20:00~23:00下柳町神農薬師祭
7月20日(日)旧庁舎記念館前20:00~22:30常盤電気地蔵祭
7月26日(土)旧庁舎記念館前20:00~23:00犬啼水神祭
7月27日(日)積翠園20:00~22:30毛付市 赤髭作兵衛慰霊祭
7月28日(月)城山公園20:00~22:30毛付市 岸剱神社川祭
凌霜隊慰霊祭
7月30日(水)川原町20:00~22:30慈恩禅寺弁天祭・乙姫水神祭
8月1日(金)本町小中学生郡上おどり発表会 19:00~大乗寺三十番神祭
8月2日(土)城山公園20:00~23:00山内一豊夫人 千代の夕べ
8月3日(日)下殿町20:00~22:30およし祭
8月4日(月)大手町20:00~22:30城山地蔵祭
8月5日(火)積翠園前20:00~22:30宝暦義民祭
8月7日(木)本町20:00~22:30洞泉寺弁天七夕祭
(郡上八幡城下町花火大会
<予定>)
8月8日(金)郡上八幡駅前20:00~22:30越美南線開通記念祭
郡上市人権の夕べ
8月9日(土)今町20:00~23:00秋葉祭
8月10日(日)新栄町20:00~恵比須祭
8月11日(月)下日吉町20:00~22:30秋葉祭・嵐璃橘之丞慰霊祭
8月12日(火)城下町プラザ19:30~21:30納涼祭 主催:
郡上八幡まちNET 
お囃子:
郡上八幡おはやしクラブ
8月13日(水)新町~橋本町20:00~4:00盂蘭盆会
8月14日(木)橋本町~新町20:00~5:00盂蘭盆会
8月15日(金)橋本町~新町20:00~5:00盂蘭盆会
8月16日(土)本町20:00~4:00盂蘭盆会
8月17日(日)城下町プラザ19:30~21:30涼風の郡上
★宵おどり 主催:
郡上八幡まちNET 
お囃子:
郡上八幡おはやしクラブ
8月18日(月)下愛宕町20:00~22:30十八観音祭
8月19日(火)立町19:30~日吉神社祖霊祭
8月20日(水)本町20:00~22:30宗祇水神祭
8月23日(土)八幡神社20:00~23:00小野天神祭
8月24日(日)上桝形町20:00~22:30桝形地蔵祭
8月30日(土)新町20:00~商工祭
8月31日(日)新町20:00~22:30女性の夕べ
9月6日(土)新町~今町屋形おくり提灯行列:23:00~おどり納め

楽しむ秘訣!歌詞と踊り方のポイント

郡上踊りは、全10種類の踊りで構成されます。

最初に始まるのは、最も有名な「かわさき」。落ち着いたテンポに優雅な振り付け。初めての人でも真似して踊りやすい踊りです。
次に始まるのが、アップテンポで元気の良い「春駒」。さらに落ち着いた調子の「やっちく」、早い動きが楽しい
「げんげんばらばら」、独特で特徴の強い「さわぎ」や「猫の子」などが続き、最後は落ち着きがあり哀愁ただよう「まつさか」で締めくくります。

すべて「輪踊り」で、中央のやぐらを中心にまわりながら踊ります。人が増えれば、輪が2重、3重と増えていくので、何人でも参加できます。踊りも見よう見まねで楽しめる簡単なものばかり。見て楽しむだけでなく、踊って楽しめるのが郡上踊りなのです。

ここでは、最も有名な「かわさき」の踊りと歌詞を、ちょこっとご紹介!

【かわさき 踊り】

【かわさき 歌詞】

郡上のナー八幡 出ていく時は(ア ソンレンセ) 
雨も降らぬに 袖しぼる(袖しぼるノー袖しぼる)
アソンレンセ(雨も降らぬに袖しぼる)
天のナーお月様 ツン丸こて丸て 丸て角のて そいよかろ
郡上のナー殿様 自慢なものは 金の弩標(どひょう)に 七家老
心中ナーしたげな 宗門橋(そうもんばし)で
小駄良(こだら)才平(さいべい)と 酒樽と
金がナー出る出る 畑佐の山で  銀と鉛と 赤がねと
向(むかい)ナー小駄良の 牛の子を見やれ 親が黒けりゃ 子も黒い
唄もナー続くが 踊りも続く 月の明るい 夜も続く

アクセス

東海北陸自動車道:郡上八幡インターチェンジから約10分
長良川鉄道:郡上八幡駅下車―徒歩25分またはまめバスで20分

もっと知りたいかたはコチラ

WEBサイト
http://www.city.gujo.gifu.jp/life/detail/25.html

問い合わせ先
郡上おどり運営委員会(市役所商工観光部観光課) TEL 0575-67-1808

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る