神奈川新聞花火大会2014年の日程、打ち上げ場所は?有料観覧席も!

概要

毎年8月初旬に、横浜みなとみらいにて開催される「神奈川新聞花火大会(かながわしんぶんはなびたいかい)」。毎年1万5000発が打ち上がります。

見所は、「2尺玉」と呼ばれる直径480mmもある花火。関東ではなかなか見られない巨大花火です。その他「大スターマイン」など、8000発もの大きな花火が打ち上がるため、とても見応えがあります。

他にも、横浜市民が協力し合って作る「市民の花火」、子どもたちが描いた絵をもとにした「夢の花火」など、さまざまなコンセプトのある花火も楽しめます。

スポンサードリンク

日時

日にち :2014年8月5日(火)
19:15~20:30
場所 :横浜・みなとみらい臨港パーク前面海上

※荒天の場合は、翌6日(水)に延期。
※例年は8月1日に開催されていましたが、今年は5日ですので要注意!

観覧場所:有料席

①花火協賛席(イス・指定席)
1名7000円 ※飲み物、お菓子詰め合わせつき
臨海パークの最前列で鑑賞できます。

②花火鑑賞席(自由スペース)
大人:2500円(高校生以上)
子供:500円(小中学生)
小学生未満:無料
場所は、みなとみらい臨港パーク(パシフィコ横浜裏)/カップヌードルミュージアムパーク(ワールドポーターズ裏)。

例年では、6月上旬から全国のローソンLoppiで購入可能です。

穴場スポット

有料席で優雅に鑑賞ももちろん◎ですが、お値段がはるのも現実。無料でも楽しめちゃう、おすすめ穴場スポットをご紹介します。

①唐沢公園
http://www.yakei-navi.com/yakei/yokohama/minami_karasawa/
花火の打ち上げ場所からはやや距離がありますが、横浜と夜景を両方で楽しめる、欲張りスポットです。

②コットンハーバー
http://www.tgn.co.jp/hall/yokohama/chy/
最近設立された、みなとみらいを一望できるベイエリア。人ごみが比較的少なく、ロマンチックな雰囲気も味わえます。

③ポートサイド公園
http://homepage3.nifty.com/88yokohama/baymap.htm
比較的花火から近い場所で、さらに帰りの横浜駅へのアクセスも良好◎花火を思う存分楽しめる穴場スポットです。

④コスモロック21
http://www.senyo.co.jp/cosmo/attraction/001.html
横浜のコスモワールドにある巨大観覧車。観覧車に揺られながら、高い位置から花火を楽しめたら、特別な思い出になること間違いなし!

⑤野毛山公園
http://www2.nogeyama-zoo.org/service/nogeyama-park/
花火を純粋に楽しむならここもおすすめ。駅から遠く、坂道を登る必要がありますが、だからこそ、人が少なくじっくり花火を楽しめます。

アクセス

【電車】
JR・東急電鉄・横浜高速鉄道・横浜市営地下鉄「横浜駅」東口から:徒歩20分
JR・ブルーライン(横浜市営地下鉄)「桜木町駅」から:徒歩15分
横浜高速「鉄道みなとみらい駅」または「新高島駅」から:徒歩10分

【車】
駐車場なし
※交通規制、会場周辺通行止め有り

問い合わせ先

【電話】
TEL:045-227-0744 神奈川新聞花火大会事務局
【WEBサイト】
公式サイト http://hanabi.kanaloco.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る