暑気払いの時期はいつ?暑気払い案内の例文も紹介!

「暑気払い納涼宴会」そんな言葉を見聞きしたかたは多いがもしれませんが、その意味をご存知ですか?
「暑気払い(しょきばらい)」とは、その名の通り、暑さを打ち払うという意味で、体にたまった熱気そのものや、暑さで弱ったエネルギーを元に戻して、元気になろうとするものです。

昔は、漢方などの考えに基づいて、体を冷やす効果のある薬湯や、枇杷や桃の葉を煎じた「枇杷葉」を飲んだり、行水、川遊びなどで暑気払いされていたようです。

現代では、宴会でお酒を飲むことが暑気払いとされることが多いですが、他にも冷や麦やそうめん、かき氷を食べたり、体を冷やす食べ物や飲み物を飲む習慣が残っています。

スポンサードリンク

暑気払いはいつやるの?

一般的には、梅雨の時期から8月初旬までに行われることが多いようです。

とはいえ、絶対にこの時期!と決まったものではないので、「暑いな〜」と思えばいつでも暑気払いしてOK!

本当に暑さを取り除いて、元気にしてくれるものはなに?

6〜7月に収穫される麦は、体を冷やし、利尿作用で体から不要なものを排出してくれる優れもの。その食品の代表格が冷や麦やそうめん。つるっと食べやすく、夏の食事にもってこいですね。

もう一つ忘れられないのがビール。これもまさに麦です。楽しいだけ?と思われがちな宴会も、ビールを飲めば体から熱気が下がって、心も体も元気になれること間違いなしです!

他にも、瓜は暑気払いにおすすめ。瓜は、体の熱をさますだけでなく、ビタミンなどの栄養価が高いのが特徴。食欲が落ちる夏に、しっかりと栄養をとれるので、夏バテ防止にもぴったりです。

「暑気払い」まめ知識:関連語句

暑さを取り除いて元気になる「暑気払い」の類義語としては、「暑気下し」という言葉があります。一方、暑さに負けて夏バテしてしまうことを「暑気負け」と表現します。

ちなみに、夏=暑気払いなら、冬=「寒気払い」?と思いきや、言葉や習慣は正式にはないようです。

暑気払い案内の例文

暑気払いの知識が身に付いたら、さっそく暑気払い(を銘打った宴会)がしたくなってきましたね!

さあ、宴会をセッティングしましょう!今すぐ使える、案内文の一例をご紹介します。

暑気払いのご案内

いよいよ、夏も本番になってまいりました。
ここ数日、ぐっと気温が高くなってきましたので、
そろそろ夏バテ気味になっている人もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこでみなさま、この暑さを打ち払うべく
飲んで騒いで、一緒に盛り上がりませんか!?

日時 7月●日(●) 夜7時~
場所 ××ビアガーデン
〒 111-2222 ○○○○
TEL.333-444-5555
会費 4000円

この日は近くで花火大会があるようです。
酒に花火に夏の情緒を楽しんで、暑さを乗り切りましょう!
※当日の出欠は、●日までに幹事▼▼までご連絡ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る